Rotary Global Network --- Rotary Fellowship


ロータリー囲碁同好会
Go Playing Fellowship of Rotarians  GPFR


    

       

NEWS LETTER

No. 3  2001101日 発行


サン・アントニオ大会にて、囲碁同好会ブース大盛況

ロータリー囲碁同好会会長 田中 毅

国際大会のメインが本会議であることは当然として、それと並んで「友愛の広場」のメインは趣味職業別親睦活動RRVFのブースです。朝早くから夜遅くまで、世界各国のロータリアンと家族がこの一角を訪れて、人波の途絶えることはありません。
 大会半ばで観光旅行にでかけてしまう日本人が多いため、「友愛の広場」全体として日本人の姿を見かけることは少ないのですが、囲碁同好会のブースだけは、終始賑わっていたことが、印象的でした。2004年の大阪大会では、日本のロータリアンが中心になって、RRVFのブースを維持しなければなりません。
 台湾の多くのパスト・ガバナーのご尽力で、来春、台北で第3回囲碁国際大会が開催される運びとなりました。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。


92回ロータリー国際大会(サン・アントニオ)に参加して

ロータリー囲碁同好会理事  阿部 一彦 (大阪船場)

私が囲碁を覚えたのは、勤務していた会社の社長が大変な囲碁好きで、役員や上司がこぞって囲碁に親しんでいたことからです。生来、何事にも熱中する性質で、1年程で23級位に上達したこともあって、忽ち囲碁の虜になりました。
 それから40年余り、縁あって大阪船場ロータリークラブに入会させて頂き、囲碁に関係して、アメリカまで行くことが出来たのは、偶然と運命のいたずらかもしれません。

 GPFR(ロータリー囲碁同好会)は、日本で創立されて認証を受けた、始めてのRRVF(趣味・職業別親睦活動)同好会という意味でも、大いに評価されるべきだと思います。国際的ということで、3カ国以上の参加を必要としており、日本・韓国・台湾で発足しました。 
 記念のチャーターナイトと第1回大会は、200054日神戸ポートピアホテルで開催されました。当時、私はロータリークラブから離脱していましたが、直前まで所属していた、第2660地区IM第7班が行っていた、IM交流親睦碁会の世話役を務めていました縁で、大阪なにわロータリークラブの槙野さんから、現幹事・福本さんに紹介を受けることになりました。
 第1回大会で優勝された、厳省三さん(韓国)が、私の囲碁サロンに何度か来店されていたというご縁もあり、第2回プサン大会にも参加することになりました。プサンでも、福本さんや田中会長から、6月の世界大会でのブース開設と大会参加の暗示を懸けられており、日本棋院の囲碁普及指導員として囲碁普及の立場にある私にとっては、海外普及という、またとない機会でもあるし・・と悩ませられる問題でした。結局、5月に大阪船場ロータリークラブに復帰し、6月の世界年次大会参加となりました。

サン・アントニオの囲碁ブースでは、日本棋院海外部の鈴木さんに用意して頂いた、HOW TO PLAY GOと A HISTORY OF GO100部は、2日目には底をついてしまい、帰国後に田中会長さん宛に補充分を送ることになりました。又、私が個人的に用意した日本手拭の100本は、ブースを訪れる人達の人気を呼び、忽ち無くなってしまいました。
 又、私がブースに詰めた開設2日目には、アメリカ囲碁協会副会長・ジェフ(オースチン在住)さんが応援に駆けつけてきてくれ、英語の話せない私と、日本語を理解出来ないジェフさんとでブースの運営に当たりました。
 ジェフさんには、お土産として、財団法人日本棋院普及担当理事石田芳夫九段の色紙と私からは、「欄珂のれん」を送り、さらに、ブースで使用した、碁盤セット(碁将棋盤メーカーめぐみ堂寄贈)他をアメリカ囲碁協会西部支部にご寄付させて頂きました。ご協力いただいた関係先と日本棋院海外部に心よりお礼申し上げます。

 ブースを訪れる人達は、「これはなに?」から始まり、碁石をもたせて、打つ場所を教え、石の取り方、陣地の確保の方法と手際よく教えて?と言葉は通じなくとも、手振りと笑顔で、汗まみれで頑張りました。これでアメリカ全土に囲碁が普及出来た(まさか?)と満足しました。
 ブースを訪れて来られる方々には、GPFRの関係者を始めとして、アメリカ在住の日本人や、今回の世界年次大会に参加をされていた日本人の方々からも声援を頂き心強い思いをいたしました。GPFRは今年はじめてブースを開設したのですが、大会会場にはRRVFのブースが40以上設けられていて、私達の前にあるブースでは、1年ぶりに再会に喜んで抱擁したり、談笑する様子をみて、人種の垣根を越えた国際親善と親睦が、そこにあると感じました。

来年はスペイン・バルセロナで、2004年には日本・大阪が会場となりますが、その時には、GPFRのブースが国際親善の場として主役を演じることが出来るように頑張りたいと考えています。その為に、第2660地区に囲碁同好会を作るべく、その旗印を掲げて活動の第1歩を踏み出しました。まだ、具体化にはいろんな手続きを要しますが、今後は、他地区との交流を含めて、囲碁普及活動を続けて行きたいと思っています。
 GPFRの活動としては、来年5月に、台湾で第3回国際大会を開催の予定です。その前には、国内での日本大会も開催しなければならないと思います。幸いこの度の世界年次大会では、多くのロータリーアン囲碁愛好者と交流が持てました。そして、GPFRの活動に多くのご理解を得ることが出来ました。皆さんには、今後一層のご協力をお願いすると共に、私も田中会長、福本幹事の協力者として、ひとつずつ実現して行きたいと思います。


3回ロータリー国際囲碁大会のお知らせ

来春、20025月に、第3回国際囲碁大会を台湾・台北で開催する予定です。現在、台湾支部の皆さまが鋭意準備中ですので、ご家族ともどもご参加いただきますようにお願いいたします。詳細は追ってお知らせします。


1回全国ロータリー囲碁大会のおしらせ

 皆さまからのご要望に応えて、第1回全国囲碁大会を開催いたします。東京の2750地区・2580地区のホストで、東京において明年2月に開催する予定ですので奮ってご参加ください。詳細は追ってお知らせいたします。


会員増強のお願い

 全世界のロータリアンの友情と理解を深め、世界の平和をめざそうというRRVFの活動を更に発展させるために、毎年6月が趣味・職業別親睦活動特別月間に制定されました。
 日本のRRVFの中心的存在である、囲碁同好会を更に充実したいと思いますので、皆さま方のクラブや地区の囲碁同好会の会員に、GPFRに入会するようにお勧めください。
 入会申込書を同封いたしますので宜しくお願いいたします。


会費納入のお願い

 2001-02年度の会費納入をお願い致します。年会費は2,000円です。
 振込には同封の郵便振替をご利用ください。なお、振込手数料は各自ご負担ください。
 振込番号 00980-1-146141 ロータリー碁同好会