Rotary Global Network --- Rotary Fellowship


ロータリー囲碁同好会
Go Playing Fellowship of Rotarians  GPFR


       

NEWS LETTER

No. 13  2009115日 発行


長門RCの山田六段が二連覇

第7回ロータリー全国囲碁大会

中級者は竹中四段、初級は安本6級に


最前列は上級者、中級者、初級者クラス、クラブ対抗戦の優勝者の皆さんと大会役員

< 第7回ロータリー全国囲碁大会結果 >

上級者クラス(五段以上) 中級者クラス(三段~四段)
優勝 山田 清六段(山口・長門) 優勝 竹中 博司四段(兵庫・豊岡)
準優勝 大塚 和彦六段(岐阜・大垣) 準優勝 永井 或男四段(埼玉・新座こぶし)
3 上原   忠五段(東京東) 3位 内田 雅夫四段(東京国分寺)
4 関田 榮治五段(東京八王子) 4位 岡本 久永四段(豊橋ゴールデン)
.
初級者クラス(初段まで) クラブ対抗戦
優勝 安本 好勝6級(川崎マリーン) 優勝 東京八王子RC
準優勝 笹薮 正延二段(東京目黒) 準優勝 山口・長門RC
3 横塚 克明初段(東京世田谷) 3位 東京RC
4 高橋 正夫2級(東京世田谷

二上日本支部長が退任へ
7月にも2750地区ガバナー、新藤信之氏が就任 

 
 ロータリー囲碁同好会(
GPFR)日本支部主催、第25802750両地区共催による「第7回ロータリー全国囲碁大会」は昨年1129日(土)に東京・市谷の日本棋院会館1階の対局室で開催して、全国のロータリアン61人が集まって終日にわたり熱戦を繰り広げました。

 大会開会式は午前10時に大会実行委員長代理の内匠昭五段(東京西)による開会宣言と点鐘によって始まり、例年通りソングリーダーの松下昌男2750地区特命幹事(東京城南)の指揮で「君が代」とロータリーソングを斉唱。GPFR名誉会長の田中毅PDG(尼崎西)が20003月にスタートしたGPFR活動を紹介しながら大会参加者に対して歓迎の挨拶、この中で田中名誉会長は日本支部長の二上達也氏(東京RC)が右腕骨折入院の後も体調が思わしくないため台湾国際囲碁大会を欠席し、今回の全国囲碁大会にも参加を見送りとなったため今後の日本支部長として重職をお願いすることを諦めて、後任に囲碁二段の新藤信之2750地区ガバナー(東京立川こぶし)にお願いして快諾を得た事を報告して、この場で新藤ガバナーを紹介しました。

 会場から二上日本支部長の突然の退任に驚きの声が上がりましたが、田中名誉会長が新藤ガバナーには現職中として多忙であることからこの任期があける097月以降の就任をお願いしてあり、今年3月の神戸国際囲碁大会はこのまま二上氏が名目上、日本支部長を務めることを説明して会場に了承を求めて、会場から新藤ガバナーに大きな拍手を送って支部長交代に歓迎の意を表しました。

紹介を受けた新藤ガバナーは「ヘボ碁の私ですので断り続けたが、田中先輩のお声掛けに従って仕方なくお受けした」と挨拶して会場の笑いを誘い、「今日は記念に昼まで碁を楽しませていただきたい」と碁盤を通じてのGPFR親睦活動に早々と乗り出しました。新藤ガバナーは3月に予定のGPFR国際理事会の了承を受けて田中、二上氏に続いて3代目の支部長となります。

 また、田中名誉会長は席上、今年3月7日(土)と8日(日)の両日に予定の「第10回ロータリー国際囲碁大会」がGPFR理事の宮本一第2680地区ガバナーの協力を得て神戸市の神戸ポートピアホテルで開催されることを報告して、大会は2680地区の地区大会公式行事として行い韓国と台湾の会員に参加を呼びかける予定であり、会場の参加者の皆さんにも国際囲碁大会にぜひご参加をと呼びかけました。

 この後、二上達也支部長の代理として大会実行委員長役の内匠大会氏から今大会のルール説明があり、今回は61人の参加者の構成によって中級者クラスは三段~四段として、全クラスともハンデ戦にして、上級者クラスに限って計時制とすると発表され、内匠氏の号令によって本戦が1030分にスタートしました。大会は上記3クラスの個人戦と、参加者の総合点によるクラブ対抗戦が並行して行われ、コミ6目半、1時間の早碁戦で行われました。

 午前中に2戦を終えて、特製弁当での昼食の後、午後1時から午後に3戦が行われました。今回の会場は例年より参加者が少ないため昨年の2階の大ホールから1階の対局室に変更となりましたが、3室を使っての会場でしたので、クラス別の大会運営には便利に運ぶことができました。

 大会結果は上記の通りに、山田六段が大会初の二連覇を成し遂げ、八王子RCは3人の強豪を今年も揃えて3連勝。初級者クラスでは置き碁のハンデ戦で波に乗った安本6級が初段を次々に破って初優勝しました。安本氏には次回から6級より初段格で登場をとの声がありました。この大会は参加者本人の自己申告で段位を決められます。笹薮二段は連続優勝を続けていたことから、今回は初段から昇格しての参加でした。

 例年の全国大会は80人前後の参加者がありましたが、今回はリーマン・ショックから突然の不況風が地球規模で吹き荒れたことからか、大会前のキャンセルが続いて予想を大幅に下回る結果となってしまいました。

 そんな中で北海道や山口、鳥取、仙台など遠方から参加してくださる常連の会員も多く、今大会ではハワイ・コナRCの海外会員が初めて全国大会に出場という記録をもたらしてくださいました。また、毎回、女性参加者は手島京子さん(東京紀尾井町)のみでしたが、今回は岡田直子さん(静岡・網代多賀)が初登場して、お二人で華やかな競技大会にしていただきました。鯉江園子さん(東京四谷)には受付をお手伝いしてもらいました。木村平右衛門GPFR理事(東京)には大会場の設営等でお世話になりました。皆様のご協力に感謝に耐えません。有難うございました。

                        (GPFR日本支部幹事 太田清文)


次回の全国大会日程決まる  

 次回の「第8回ロータリー全国囲碁大会」は1114日(土)に決まりました。会場、時間等は前回の全国大会と同様の予定です。新年の手帳にこの日程をご記入ください。 


3月7~8日の神戸国際囲碁大会のご案内 

 

別紙の「囲碁大会参加申込書」をFAXで送信してください。日程   37日(土)~8(日)
会場   神戸市の神戸ポートピアホテル(宿泊手配します)
登録料  13000円(大会参加はメイクアップになります) 

3月7日(土)1400登録受付  1430開会点鐘   
              1500本戦開始  1800懇親会   2000散会

3月8日(日)0950地区大会公式行事の参加者紹介
          1030対局再開  
                1700決勝戦終了 1800懇親会・表彰式

全国大会と同様の3クラス制、原則1時間の早碁戦で、五段以上の上級者はスクラッチ会場の神戸ポートピアホテルの宿泊手配をいたします。宿泊希望者は早めに別紙の「大会参加申込書」にご記入の上、FAXで送信してください。お問い合わせもFAXにてお願い致します。折り返し日本支部よりFAXで大会要領等をご連絡します。必ず連絡先のFAX番号を明記してください。ご自宅かRC事務所で結構です。締め切りは227日(金)です。


大会参加・年会費納入のお願い 

 ロータリアンの囲碁仲間をGPFR、にお誘いください。新規入会のお申し込みは、ご本人の地区、クラブ、氏名、年齢、級段位、紹介者を明記して所属のクラブ事務局を通じてFAXで下記のGPFR日本支部宛に送信をお願いいたします。年会費2000円。入会金はありません。GPFR活動,会則についてはGPFRのホームページをご覧ください。

 年会費を未納の方々は、同封の郵便振替用紙(口座番号00100-0-427835 ロータリー囲碁同好会宛)をご利用のうえ、200-09年度会費分として6月末までに2000円をご送金ください。 

 3月7~8日両日の神戸国際大会参加希望の方は郵便振替用紙の通信覧に、「神戸国際大会参加」と明記して国際大会登録料13000円を送金してください。また、年会費未納の会員の方は国際大会登録料と年会費2000円の合わせて15000円をご送金ください。年会費納入済みの会員、及び同伴のご家族の方は大会登録料13000円のみを送金願います。ただし、大会開催地の2680地区の会員は地区大会登録料支払い済みの会員のみ参加費3000円をご送金ください。

参加申し込みを受け取り次第すぐに大会参加要領をFAXでお知らせ致しますので、ご自宅等のご連絡先のFAX番号等を必ずお書き添えください。

 なお、振込み手数料(100円)はご負担ください。GPFRは皆様の会費で運営しておりますので、何卒、会員の増強と会費の納入のご理解とご協力をお願いいたします。


7回ロータリー全国囲碁大会 (081129) 
 開会挨拶する新藤信之2750地区ガバナー

中級者クラス今回だけ三段~四段の戦いに

 初級者クラスには女性2人が参加

新ルール説明する内匠大会実行委員長代理

 上級者優勝に連覇の山田六段  初級者優勝者は実力初段の安本6級

優勝杯と記念盾。掛け軸は台湾の楊敏盛GPFR会長の書。会長はロータリーに因んで3年毎に日本、台湾、韓国の輪番制になっており、3月の神戸大会を機に韓国に会長職が移ります。

前回4位の中級者優勝者、竹中四段

3年連続優勝の八王子RCを代表して優勝盾を受ける中川淳之助五段

これまでになく楽しい全国囲碁大会でした。しかし、二上達也・日本支部長が体調を崩されて姿を見られなかったことは残念です。代理を務めて頂いた内匠昭氏には大会前から打ち合わせ等で大いにご活躍くださいました。有難うございました。また、いつも受け付けや会場監督を手伝ってくださる2750地区常任委員の方々に御礼を申し上げます。3月の神戸大会で、またお会いしましょう。     幹事 太田清文(東京RC)